シュリンク包装

シュリンク包装とは、熱収縮性のフィルムで商品を包む包装方法です。

日常の中で見かけることも多く、食品・飲料・書籍・文房具・雑貨・化粧品・医薬品・印刷物や物流に至るまで

幅広い分野で用いられています。

大物製品のシュリンク包装のことならご相談ください

幅1M30cm、高さ30cmまでの包装可能な大型シュリンク包装機を導入しました。

◆シュリンク包装のメリット

丈夫で破れにくいフィルムで包むため、さまざまなメリットがあります。

1.保護性 異物混入防止、傷・汚れなど製品への直接的なダメージ防止
2.開封防止 フィルムを破ると元には戻らないため、新品・未開封の証明となる
3.荷崩れ防止 被包装物を固定することで、輸送時のズレ防止等
4.複数製品の同梱 大きさが異なる製品同士をまとめることができる
5.作業性・輸送効率の向上 機械で自動包装するため、省力化やコスト低減が期待できる

形状や大きさに合わせて最適な包装をご提案いたします

フィルムが製品にフィットするため、さまざまな形状のものを包装できます。

◆製品例

まずはお気軽にお問い合わせください。

 お問い合わせはこちらから