採用情報

 

さらなる50年のスタートに、「変革」を起こす人材を

社会に出ると、あなたにはたくさんの出会いが待っています。
そして、その時どきにふさわしい対応が求められるようになります。
働く場所では、役割や立場の違いから不安や不満が募ったり、ときには涙したりする日もあるかもしれません。
そのようなときには、ぜひ、次の言葉を思い出してください。

代表取締役 社長 亀岡 義男

「誠心誠意、まごころ込めて」

若い世代のあなたには気恥ずかしくて口には出せない言葉でしょうから、ぜひ、心の中で唱えてみてください。
まごころが込められた言葉は、気持ちを明るく前向きにしてくれます。
そしてあなたからこのような気持ちを込めて接してもらった方は、必ず喜び、感謝して「また、あなたと一緒に仕事がしたい」と思ってくれるはずです。
信頼は、この積み重ねから生まれるのです。
そしてそれは大きな原動力となり、やがてあなたをビッグチャンスへと導いてくれることでしょう。

私は、社員一人ひとりが幸福で豊かな人生を送れるようにしたいと思っています。
それにはまず、この会社があなたたちにとって明るく前向きでいられる場所でなければならないことを常に念頭に置いて会社経営を行っています。

菱自梱包株式会社はさらなる50年をスタートさせました。
「変革」を推進するために、我われは明るく前向きで、柔軟な発想ができる人を求めています。
ともに「ビッグチャンスの扉」を開けに行きましょう。

あなたとお会いすることを、心より楽しみにしています。

多能力のある人材を育成する企業でありたい

菱自梱包株式会社は、100年続く会社を目指しています。
そのためには、組織の若返りが急務です。
新しい人が持つパワーをどんどん補充して、体制を整えていきたいと考えています。

ここで当社の社員たちを自慢するなら、個々の真面目さです。決して私欲に走らない、生真面目な人たちの集団だといえるでしょう。

私は彼らの愚直ともいえる人柄に器用さや貪欲さをプラスして、スキルアップを左右だけでなく上方向にも伸ばしてほしいと思っています。

指導力や引率力、統率力を磨き、新入社員をしっかり指導していける能力は、会社の繁栄だけでなく、自己の研鑽に必要な力と言えるでしょう。

さぁ、これから私たちと一緒に働いてくださる皆さん。
私たちとともに、これらの力を身に付けましょう。
菱自梱包株式会社は、社員の一人ひとりの個性を尊重し、共に学び、育つ場であり続けることを約束します。

 

VOICE先輩社員の声

パフォーマンスのレベルアップを目指したい

釜原 弘幸さん 進捗管理担当入社・2015年

梱包する商品の受け入れから出荷まで、すべて作業の進捗を管理する部署で働いています。中身や数量の間違いはないか、ケースに汚れや破損はないか、届け先は合っているか、そして出荷時間に間に合わせられるか。常に判断力が問われ、神経を使う部署なので、戸惑うことも多いですが、やりがいがあります。時にはミスしてしまうこともありますが、しっかりフォローしてくれる先輩方がいるので、少しずつでも自分のパフォーマンスレベルを上げていきたいと思っています。

NOミスを目指しています!

盛山 大誠さん 国内梱包担当入社・2015年

入社して半年後に、フォークリフトの免許を取らせてもらいました。関われる作業の幅が増えたことで、俄然やる気が出ました。今はスキルアップと同様に、ミスを無くすためのチェック作業を効率化したいと思っています。確認作業はひたすら繰り返すしかないのですが、時間には限りがある。それを効率化できたら、と。僕のような若者の意見が実際の作業現場で通る環境は、ありがたいですね。次のチャレンジはプラッター(フォークリストの機種)に乗れるようになること。職場仲間も応援してくれています。

リフレッシュできる休暇が取りやすい職場です

内田 泰裕さん 入出庫・棚出し担当入社・2005年

商品をいかにキレイに保管し、数量を間違えなく入れて梱包できるかが重要な仕事なので、手順を守れるかどうかが大切になってきます。根気の要る仕事ではありますが、慣れてくると、自然と体が覚えます。ライン作業ではないため、疲れたときには手を休められたり、出荷時間に遅れがちの作業はみんなでフォローできたりと、仲間と連携しながらも、ときにはマイペースで仕事が進められるのも助かります。社員旅行や忘年会といった社内行事も楽しみの一つ。有休も取りやすい環境です。

フレッシュなアイデアを取り入れたい

大下 千春さん 作業長補佐入社・1994年

作業現場の環境改善に取り組んでいます。スタッフ個人の生活スタイルにまで配慮した体調管理のアドバイスができれば、みんながベストコンディションで仕事に挑めますから。倉庫内の気温や衛生面への管理は自分自身の経験がベースですが、なるべく若手の新鮮な意見を積極的に取り入たいと思います。例えばスポットクーラーの設置箇所や多岐にわたる梱包アイテムの整理方法などは、新しい人のアイデアを募集中です。みんなで作る職場にしていきたいと願っています。