情報・環境・品質方針

ISO27001(情報セキュリティシステム)

(1)目的

当社は、情報を適切に取扱い保護することが企業としての社会的責務であり、事業活動の基本であると考えます。情報セキュリティに関するインシデントの防止を図り、お客様の信用と信頼を高め、お客様から選んで頂ける企業となることを目指します。

(2)情報セキュリティの定義

情報セキュリティとは、機密性、完全性及び可用性を確保し維持すること。 

  1. 機密性:許可されていない個人、エンティティ(団体等)又はプロセスに対して、情報を使用不可又は、非公開にする特性。(情報を漏えいや不正アクセスから保護すること。)
  2. 完全性:資産の正確さ及び完全さを保護する特性。(情報の改ざんや間違いから保護すること。)
  3. 可用性:許可されたエンティティ(団体等)が要求したときに、アクセス及び使用が可能である特性。(情報の紛失・破損やシステムの停止などから保護すること。)

(3)適用範囲

【組織】:菱自梱包株式会社 

【施設】:本社

【業務】:貨物取扱事業及びイノリフト販売の管理業務

【資産】:上記業務にかかわる書類、データ、情報システム

(4)実施事項

  1. 適用範囲の全ての情報資産を脅威(漏えい、不正アクセス、改ざん、紛失・破損)から保護するための情報セキュリティマネジメントシステムを確立、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善するものとする。
  2. 情報資産の取り扱いは、関係法令及び契約上の要求事項を遵守するものとする。
  3. 重大な障害または災害から事業活動が中断しないように、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しをするものとする。
  4. 情報セキュリティの教育・訓練を適用範囲すべての社員に対して定期的に実施するものとする。

(5)責任と義務及び罰則

  1. 情報セキュリティの責任は、社長が負う。そのために社長は、適用範囲のスタッフが必要とする資源を提供するものとする。
  2. 適用範囲のスタッフは、お客様の情報を守る義務があるものとする。
  3. 適用範囲のスタッフは、本方針を維持するため策定された手順に従わなくてはならないものとする。
  4. 適用範囲のスタッフは、情報セキュリティに対する事故及び弱点を報告する責任を有するものとする。
  5. 適用範囲のスタッフが、お客様の情報に限らず取り扱う情報資産の保護を危うくする行為を行った場合は、社員就業規則に従い処分を行うものとする。

(6)定期的見直し

情報セキュリティマネジメントシステムの見直しは、環境変化に合わせるため定期的に実施するものとする。

2017年3月取得
2018年4月改訂

ISO14001(環境マネジメントシステム)

菱自梱包株式会社は、自動車補修部品の「商品化業務」「梱包業務」「商品管理業務」等物流サービスの中で環境保全に努め、調和を図りながら、永続的な成長を目指します。

  1. ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを構築し当社の全ての企業活動の中で、環境負荷の低減、汚染の予防の経続的改善に取り組みます。
  2. 環境に関する法律、条令、及び当社が同意したその他の要求事項を順守します。
  3. 梱包の簡易化、及び充填率向上を推進し、資材の抑制に努め、省資源、省エネルギーに取り組みます。
  4. 環境目的・目標の設定、実行及び定期的な見直しの実施により環境パフォーマンスの改善を図ります。
  5. この環境方針は全社員及び当社の為に働く協力会社の社員に周知すると共に、社外一般の人にも公開致します。

2006年8月取得
2015年3月改訂

品質方針

 一、お客様の品質要求を満足し、信頼性を持つサービスと品質を提供します。
 一、PDCAサイクルを的確に回すことによって、その有効性を継続的に改善します。
 一、従業員に対する教育訓練を実施し、作業品質への意識向上活動を推進します。

2014年7月制定